キャバクラからデリヘルへと転職してくる女性の理由に、面倒なお客様への営業、女性同士の派閥や揉め事、というものに嫌気が差して転職をしてくるといった女性が多く存在しています。
そのほかに、お客様をつなぐために「枕営業」をするぐらいなら、風俗で働いても同じだと考えて転職を決断する女性も少なからずいます。
営業力が重視される水商売の世界において、他の女性から頭一つ抜けたいと考える女性の中には枕営業という選択肢を自ら選ぶ女性もいるというのは、ある意味自然なことでもあるのです。
むしろキャバクラ嬢の枕営業よりも、デリヘルであれば本番行為は厳禁とされていますし、特に高級店であれば性病対策やプライベート・プライバシー対策も行っているので、安全面でも喜んで転職をしてくる女性は一定数いるのではないかと思われます。
とはいえ、身体を売るぐらいならキャバクラのような水商売だけで高収入が稼げれば何も言うことはないはずです。
それでも、キャバクラでもしっかり稼げているのも関わらずデリヘルのような風俗業界に転職をしてくる女性も多く存在してくるのです。

そもそも、キャバクラ嬢をはじめとする水商売に限らず風俗業界や芸能界でもいえることですが、ランキング上位に入る女性の特徴というのは、「負けん気が強い」、「常にライバルより上にいたい」、「自分が一番輝きたい」、という願望が人一倍強い傾向にあります。
そういった人というのは、目標達成のための努力は惜しまないという面も持ち合わせています。
それでも風俗業界に流れてくるということは、高い目標を持ちデリヘル嬢としても自分の腕や美貌、おもてなし術を試してみたいと挑戦を挑んでくるのです。

要するに、「お金に困っているから副業する」という消極的な理由だけではなく、「自分を試したい」、「自分は何処でも輝けるはず」という積極的で自信に満ち溢れたチャレンジを挑んでいるということなのです。
そして、積極的な理由でデリヘル嬢の世界に入ってくるキャバクラ嬢が多いもう1つの理由は、働く時間の融通が利きやすいからでもあります。
キャバクラの営業時間は夕方17時くらいから0時ごろですが、人気のキャバクラ嬢になるほど遅い時間に数時間働けばいいケースも多くなります。
となると、人気のキャバクラ嬢の場合は日中は丸々時間が空き、毎日働く必要もありません。
その日中の空いた時間を有効活用しようと考え、好奇心もあるデリヘルでのお仕事を始めてしまうという女性も決してゼロではないのです。

Comments are closed.
2017年1月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ