営業活動や揉め事

営業活動や揉め事

管理者 No Comments

キャバクラのような華やかな世界から、ダークなイメージが持たれる風俗業界へと転職してくる女性というのは毎年のように存在してきます。
その理由というのはその女性によって様々になりますが、基本的には会話が苦手、お酒が飲めないといった、それでもなおお金が必要な女性などは風俗業界に流れやすい傾向にあるような気がします。
とはいえ、決してこれだけが転職の理由でもありません。
他には、営業活動がしんどくなってきたという理由から風俗業界に流れてくる女性もいるでしょう。
キャバクラでナンバーワンになるために必要なのは、必ずしもきらびやかな容姿だけではないといわれています。
いくらきれいな見た目な女性であっても、「細やかで機転の利いた言動ができる」、「まめにお客様と連絡を取ることができる営業力」、といったものが兼ね備えていないと決してナンバーワンにはなれないのです。

ナンバーワンと呼ばれるキャバクラ嬢は、お仕事の時間以外にもお客様にまめにメールや電話をしたり、アフターや同伴出勤も行うなどの「自助努力」を日常的に行っています。
裏を返せば、会話や気遣いが苦手で休日や勤務時間外にお客様と接触したくない、という女性はどんなに容姿が良くても指名はもらえないのです。
要するに、仕事は仕事、プライベートはプライベート、としっかり分けたいような女性には不向きなのがキャバクラのような水商売の世界でもあるのです。
その場合は、会話力や営業力よりも美貌やテクニックが重視されるデリヘルのほうが、キャバクラでは稼げない女性のニーズにマッチするのではないでしょうか。

次に、キャバクラのように同じフロアで複数の女性が働くお店では、常に女性特有の人間関係や嫉妬がついて回ります。
「お客様の取り合い」、「女性同士の陰口や妬み」、「女性によっての扱いの差」、などがその理由となってきます。
お店によってこれらの程度に差があるという前提はありつつも、多かれ少なかれそのような環境に居心地の悪さを感じてしまう女性は一定数いるものです。
その点、デリヘルのような風俗であれば接客中の自身の姿を他の女性に見られるということはあまりありませんし、デリヘルであれば接客時間外は自宅待機ができるお店も多くあったりもするのです。
要するに、派閥や揉め事から解放されるという点が大きな魅力となっている女性おり、これらのような理由からデリヘルへと転職をする大きな理由となっている女性も少なからず存在してくるのです。

2017年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ