水商売と風俗の違い

水商売と風俗の違い

管理者 No Comments

女性の高収入のお仕事といえば、真っ先に思い浮かぶのが風俗のお仕事だと思われます。
その風俗のお仕事と匹敵するぐらい稼げるお仕事に、キャバクラやクラブなどの水商売のお仕事も含まれてくるのではないでしょうか。
ですが、この水商売のお仕事で高収入をコンスタントに得れるという女性はほんの一握りでもあるのです。
こういうこともあり、水商売の世界から風俗業界へと転職してくり女性も毎年のように存在してきます。
特に、キャバクラのような華やかな世界で働く「キャバクラ嬢」と呼ばれる女性の転職がよく目にされます。
華やかな世界で働いているのですから、わざわざダークなイメージの風俗業界に転職しなくてもと思う人もいるでしょう。
ちなみに、実際に人気のないキャバクラ嬢だけではなく、人気もそこそこあるキャバクラ嬢にまで風俗業界への転職の波は広がっているようなのです。
最近では、「キャバクラ嬢やホステス嬢専門」を銘打った高級デリヘルも続々オープンしています。
このように、キャバクラ嬢あるいはホステスと呼ばれる女性が相次いでお店と掛け持ちをして、あるいはお店を辞めてまで風俗嬢に転身する理由はどこにあるのか気になるところでもあります。

そもそも、キャバクラとデリヘルの違いすらあまりわからない人もいるかもしれません。
まず、キャバクラはお客様に対してキャバクラ嬢が「接待」をしながらお酒を飲む飲食店になります。
仕事内容は、基本的にお客様の愚痴や家庭の不満、職場の悩みなどを聞いてあげるというのが大きな名目となっております。
ですので、お客様との軽いスキンシップはあったとしても、基本的にはお触りといわれる身体へのタッチは禁止とされています。
あくまで、会話や駆け引きを楽しむお店ということになってくるのです。

そして次にデリヘルなのですが、デリヘルは直接お店に行くのではなく、自宅やホテルに女性を派遣してもらうサービスになります。
自宅や出張先のホテルなど、落ち着いた雰囲気の中で時間いっぱい女性からのサービスが受けられるのです。
サービス料金はキャバクラより高額なことも多いですが、スキンシップを多く取りたいお客様にはオススメとされているお店なっています。
要するに、お酒などを飲んでお客様の愚痴を聞いてあげることに何の辛さも感じない女性はキャバクラのような水商売は向いていると思われます。
逆に、会話が苦手、人の愚痴を聞くのも面倒、お酒が飲めない、といった女性は残念ながら水商売には一切向いてないとされているのです。

決してこれだけが理由ではないのですが、水商売のようなお酒が絡んでくる接客業に嫌気が差して辞めてしまう女性は多くいます。
それでもお金が必要な女性などが、そのまま風俗業界に転職をしてくるのではないかと感じます。

2017年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ